このサイトについて(メールでのお問い合わせもこちらから)

スポンサーリンク

このサイトの基本方針

このサイトでは、うちの子が1歳代でひらがな・カタカナ・アルファベットが読めるようになり、2歳で足し算、3歳で九九などができるようになった教育法をご紹介しています。

ちなみにサイトタイトルにある「東大卒」というのは子どもの父親の方ですが、このサイトの文章は主に母親の方が書いています。文章に知性が感じられない、読みづらいならそのせいです。申し訳ないです。紹介している育児法は基本的に夫婦で話し合って決めています。

家族の詳しい自己紹介はこちら↓
東大卒パパをはじめとする、このブログの家族ってどんな人達?

※このサイトに出てくる下記のようなイメージ写真はうちの子ではなく、素材サイトの足成さんなどを利用させていただいています。

a0002_008171

うちの子は○歳○か月で~ができた!といろいろ書いていますが、自慢のためではなく、その年齢に合った教え方をしているので参考としてもらうためです。(当然ですがどの子もこの方法で上手くいくとは限りません。教授法の一つとして参考程度にしていただいて、ご自身のお子さんに合うように適宜アレンジしていただければと思います。)

英才教育については批判的な考えをお持ちの方も多いと思いますが、ご自分の考えと異なる部分があっても、この夫婦は変わり者だなと軽く流していただけるとありがたいです。

このサイトは見かけ上ブログのような形を取っていますが、内容はウェブサイトだと思って作っています。そのため過去記事も随時加筆修正しております。いったん読んだ記事にもしばらくあとでまた目を通していただけると、新しい情報があるかもしれません。

「お子さんに教えたいこと別」人気記事セレクションという目次ページがありますので、記事を見つけたり読み返したりするのに良かったらご利用ください。

ご注意いただきたいこと

うちでは一つのことを教えるのに複数の教材・教え方を用いています。どれが効果的だったのか、実はよく分かっていないものもたくさんあります。
このサイトではとりあえず全てご紹介したいと思います。

どのやり方で効果が出たのか、父親と母親で意見が分かれている部分も多いです。(基本的に父親も母親も、自分が導入したやり方が効果的だったと主張します)

a0001_017113

●うちの子はまだ幼児なので、当然ですがまだ「東大に入った」「英検1級に受かった」等の結果は出せていません。
現段階では年齢より進んだことができていますが、このやり方が将来的にもいいのかは分かりません。
しかし、「すでに結果を出した子」が育てられた方法を参考にしようとすると、内容が古いと思います。(もちろん、普遍的な部分は参考になりますが)

それに比べ、うちのやり方はDVD・スマートフォン等を活用した現代的なやり方です。気に入った部分だけでもぜひ取り入れていただければと思います。

お問い合わせ

誤字脱字・内容の間違い等のご指摘はこちらで受け付けています。

お問い合わせフォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする