埼玉のレイクタウンには子ども向け遊び場がいっぱい!

幼児向け遊び場がたくさん!レイクタウンのガイド

埼玉にある日本最大級のショッピングセンターイオンレイクタウンには、子ども向けの遊び場がいろいろあります。

最寄りはJR武蔵野線越谷レイクタウン駅です。直結しています。

レイクタウンにはアウトレットとkazeとmoriという3つの建物がありますが、moriの3Fに子ども向け店舗が集中していますので、最初はまずその辺りだけ行ってみてください。

うちがよく連れて行くのは

あそびパークプラス

img_4506

2016年4月にリニューアルされた屋内遊戯施設です。滑り台などの遊具に加え

・砂浜でデジタル画像の魚をつかまえる遊び

img_4512

・シリコンからできている不思議な砂の砂遊び

img_4526

・車の運転

img_4522

などができます。

利用料金はけっこう高めなので、平日にフリーパスで行くか、土日なら子どもに1時間だけよ、などと約束させていく必要があります(笑)

ファンタジースキッズガーデン

おままごとやお医者さんやお花屋さんごっこ、ボールプールやすべり台、トランポリンなどで遊ぶことができます。3歳以上は子どもだけで預けられるので、託児施設としても利用することができます。(利用は2時間半まで)

s-IMG_8304

入場前におでこで熱のチェック、除菌スプレーをし、施設利用中は保育士さんが面倒見てくれるので安心です。
「おしっこ大丈夫?」など聞いてくれます。

キッドイズ

親子で遊べる室内遊技場です。中は広々していて、体を使った遊びが楽しめます。ファンタジースキッズガーデンのような託児はないのですが、こっちの方が2015年に11月にオープンしたばかりなのできれいです。

IMG_1283

キッドイズにご興味のある方は、詳しくは『ニューオープンした遊戯施設 キッドイズの感想・体験談』をご覧ください。

ボーネルンド トット・ガーデン レイクタウンアウトレット店

これは他のと離れた場所(アウトレット)にあります。0才から遊べる室内遊技場です。狭いですがぐるぐるまわる遊具や滑り台、いろんなおもちゃがありけっこう長く遊べます。

キドキドを知っている方は、あれの小さい子向け、小規模バージョンだと思ってもらえるといいです。

レイクタウンでお昼を食べるなら

レイクタウンでのお昼ご飯におすすめなのは、Mori3階のフードコートもいいですが、うちがよく行くのは下の2つです。

mama square (mori3F)
※2016年1月に記述を修正

子どもが遊ぶスペースのあるカフェです。以前同じ場所にあった、似たコンセプトのカフェ『SKIP KIDS』によく行っていたのですが、2015年9月に閉店してしまいました。そして12月にこのカフェがオープンしました。

s-IMG_0846

元のカフェより遊べるスペースが狭くなり、滑り台などの大型遊具がなくなりましたが、キッズスペースで完全に親の見守りが不要になりました。(スタッフの方が面倒を見てくれる)

シルバニア森のキッチン(アウトレット2F)

s-IMG_6685

シルバニアファミリーの世界観が楽しめるレストランです。メインメニューを1人1つオーダーし、サラダやパン・スープ等は取り放題という形です。わたあめ製造機(3色のわたあめが作れる)が使えるので、うちの子はそれを楽しみにしています。

毎時ショコラウサギの着ぐるみが各テーブルに挨拶に来てくれるので、一緒に写真が撮れます。土日など人が多い時はダンスも披露してくれるのですが、平日はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする