100円の実験キットで遊ぼう!「混ぜると光る液体」

ダイソーの実験キットで遊ぼう!

先日ダイソーに行った際に、実験キットが売られているのを知りました。

いろいろ出ていたのですが、とりあえず幼児にも分かりやすそうな「ふしぎ 化学の光」というキットを買って来ました。

img_6021

一言でいえば「赤い液体に別の液体を混ぜると、ピンク色の発光する液体になる」という実験です。超簡単です

※黄緑色バージョンもありました。

実験のやり方

キットの中に入っているのは実験液の入った袋2つと解説書です。

img_6022

自分でアルミホイル、透明カップ、ティッシュなどを用意します。

img_6023

実験は下にアルミホイルを敷いて、その上で行います。

使い捨ての透明カップに液Aを入れます。

img_6025

そこに液Bを混ぜると光り始めます。

img_6030

※AとBはシールの色で区別できますが、どちらを先に混ぜてもいいそうです。

img_6040

液Bを入れただけでどんどん発光が始まります。子どもでも分かる位はっきりと発光します。

img_4144

30分程度発光が続くそうですが、うちはもっと長く光っていました。

捨てる時はティッシュに液を染み込ませて、ビニール袋の中に入れます。

img_6047

実験の感想

「光る」という結果が分かりやすくて子ども受けはいいと思います。しかし、光る仕組みの理解は子どもには難しいです。

光る仕組みについて

なぜ電気も火も使わずに光るのかというと、「分子が別の種類の分子に変わる時に光を出す」のを利用しているそうです。(化学発光と呼ばれる)

液を混ぜることで分子を壊して別の分子に変え、その時のエネルギーを光にするそうです。

お子さんには、「お祭りでよくある、光るブレスレットと同じ仕組みだよ。あれはポキッっと折ることで液が混ざってるんだよ。今度よく見てみようね。」と説明してあげるといいかもしれません。

IMG_9988

光るブレスレット(サイリウム・ケミカルライト)は、ダイソーにも売っているので、実験キットと一緒に買ってきてもいいかもですね。

おまけの話

光関係でついでに書きたい話があるのですが、最近「光らせる」ことで商品の単価を上げている例に2つ遭遇しました。
(冷静に書いているようですが、その戦略にまんまとハマって買いました)

1つ目は、すみだ水族館のカフェの「光るわたがし」です。いろいろなパターンの光り方をする棒が入っていて、650円でした。

img_5783

水族館内は日中でも暗いので、光が映えてきれいでした。

2つ目は、レイクタウンで大道芸の方が売っていた「光るバルーンアート」です。

img_9272

普通に作ってもらうと300円なのですが、プラス200円で電球を入れてくれるんです。

子どもは本当に光る物が大好きですね。大人もですけどね。これから増えて来るイルミネーションとか待ち遠しいですね(笑)

PAGE TOP ↑