1歳でひらがなが読めるようになるコツ―具体的な教え方―

ひらがなは最初から最後まで楽しく教えました。これはうちの知育のモットーでもあります。

a0001_017113

ひらがなの覚え始め

教え始めた1歳3か月、まずは日常の中で「あ」と「ん」を教えました。この文字を選んだのは、この頃発音できる音のバリエーションが少なかったからです。

認識できるだけでいいなら発音できない音でも良かったかもしれませんが、できれば上手に発音できる音をまずは教えてあげたいと思いました。

何回か教えているうちに、「あ」と「ん」は覚えました。この頃いろんなキャラクターに興味を示し、アンパンマンも「アンマン」と言うようになっていたので、何かのキャラだと思ったのかもしれません(笑)
「あ」と「ん」が読めるようになったら、おばあちゃん等にどんどん披露しました。

ひらがなをアンパンマンで覚える

「あ」「ん」を覚えて以降は、「ひらがな×キャラクター」もしくは「ひらがな×遊び」の要素のある教材を積極的に与えました。
特にヒットだったのは「アンパンマンのDVD」と「アンパンマン ひらがなマグネット」でした。

IMG_8789

ひらがなに関しては絵本やカードタイプの教材もたくさん出ていてそれらも試してみたのですが、うちの子にとっては単なる本やカードよりマグネットの方が面白かったようです。冷蔵庫などに貼って遊んでいました。

IMG_8787

(うちの子と同じく1歳代でひらがなが読めるようになった知人の子は、わらべきみかさんのひらがな絵本で覚えたとのことなので、絵本の方が合っている子もいると思います。その人は子どもが1歳2か月の頃から、その絵本を見せていたそうです。)

ひらがなが学べるDVDについて

●ひらがなを扱ったアンパンマンのDVDは実はいろんな種類が出ています。

うちは最初は『アンパンマンとはじめよう!ひらがな編 ステップ1 元気100倍!あいうえお(あ)~(の) [DVD]』を与えたのですが、内容が高度すぎてあまり理解できていないようでした。

このDVDはステップ1とステップ2に分かれていて、分かれているぶん解説が丁寧で、ステップ1なら易しいかなと思ったのです。しかし、それよりも1本だけで完結している「それいけ!アンパンマンのひらがなあそび はじめてのあいうえお [DVD]」の方が良いと判明しました。年齢の低いお子様には「はじめてのあいうえお」をおすすめします。

※うちの子はアンパンマンが好きだったので、上記のような「ひらがな×アンパンマン」のグッズを活用しました。作者であるやなせたかしさんがそこまで狙っていたかは分かりませんが、アンパンマンはちょうど「あ」から始まりますし、キャラクターも多いので、ひらがな・カタカナを教えるのに最適なキャラクターです。

車が好きなお子さんは「ひらがな×トミカ」の教材もいろいろ出ていますので、チェックしてみてください。

●キティちゃんが好きなお子さんには、サンリオぽこあぽこシリーズ ハローキティのマジカルあいうえお [DVD]をおすすめします。


アニメとお姉さんが出てくる実写で、飽きずに楽しくひらがなが学べます。この中に出てくる歌もキャッチーで、たまに頭の中をぐるぐるまわります。

●めばえ増刊の「はじめての ひらがな・かず・ABC」シリーズの付録DVDはひらがなの導入におすすめです。

春夏秋冬にめばえの増刊として出ます。本がいらないならヤフオクでDVDだけ買えます。

このDVDには子どもの好きなキャラクターが多数出て来るので、楽しく学ぶことができます。勉強に関係ないコンテンツもありますが、基本的には季節の勉強やしつけなど役立つ内容のものが多いです。

このDVDだけで全てのひらがなを習得させることはできないので、あくまで補助的に使うといいと思います。

a0002_008174

なかなか覚えられないひらがなを定着させるコツ

●多くのひらがなはDVDを観たりマグネットを冷蔵庫に貼って遊んでいるうちに覚えましたが、中にはなかなか覚えられないものもありました。

なかなか覚えなかったひらがなは、擬人化して遊ぶことで覚えさせました。
例えば、「今日は『え』さんと遊ぼうね」などと言ってそのひらがなのマグネットをパペットのように扱って追いかけっこしました
。また、『え』のマグネットといないいないばぁをして遊ぶこともありました。

「ちょうだい・どうぞ」が好きな時期だったので、「『え』をあげるね」「『え』をちょうだい」の遊びも定着度を高めるのに役立ちました。

●iPhoneアプリも役に立ちました。「にほんご-ひらがな」という、ひらがなのカルタ取りができるアプリなどを使っていました。無料のアプリです。

a0001_011708

●上記はデジタルのカルタですが、紙のひらがなカルタ教材を使って、お子さんにひらがなを教える方法もあります。読み札を見せて、「これと同じ形のひらがなを探してみて」とやれば、楽しくひらがなの形に親しむことができます。

うちはもう全てのひらがなを覚えきってから購入したのですが、アンパンマンにこにこかるた ([かるた])を持っています。絵はちょっとレトロで、発売が1998年なのでコキンちゃんなどは出てこないのですが、文章は短くてリズムが良くてとてもいいと思います。

IMG_9674

●お風呂に「あいうえお表」を貼るなら、パイロットのおふろシール ひらがなおぼえちゃおう!がおすすめです。うちは50音を覚えた後に濁音・拗音等の勉強のためにこれを買いました。あ濁音・半濁音・拗音等が別シートになっていて、それだけに集中して覚えさせたい時に役立ちます。

お風呂ポスターでひらがな等の勉強させる時のコツは、他におもちゃを置かないことです。うちは最初アヒルの水鉄砲などがあったのですが、面白いおもちゃがあるとそっちに行ってしまうので撤去しました。おもちゃさえなければ、お風呂の時間はけっこう暇なので勉強のポスターに目を向けてくれます。

●ひらがなを表で覚えさせるときに注意したいのは、横に書いてある絵との関連でしか覚えられないことです。例えば、あひるのイラストがないと『あ』のひらがなだと分からないなど。最初はそれでもいいのですが、ちゃんと文字単体でも覚えているかチェックしてあげてください。

●あいうえお表に興味を持たせる方法として1万2000人の子どもを見てきた園長が教えます! 失敗しない育児のスゴワザ51に書いてあったのですが、子ども宛ての郵便で送るといいそうです。子どもは自分あての郵便物なんてめったに受け取らないので特別感があり、送られてきた中身も大事にするそうです。

●単語が読めるようになったら、横書きの日本語は左から読むことも教えてあげてください。(縦書きは幼児はあまり目にしないと思うので、まずは横書きから)
うちの子は教えてなかったので、正栄デリシィ しまじろうひらがなとなかよしビスケット 125g×10袋のまくらを「らくま?」などと読んでいました。

●文章がある程度読めるようになったら、「~は」を「わ」という発音で読むことがあるのも教えてあげてください。
大人にとっては当たり前すぎて、意外と教え忘れてしまうと思います。

●濁点や促音などの読みは、言葉遊びで教えるのもいいそうです。(こどもちゃれんじ ほっぷの受け売りです)
例えば、
「ふたの『ふ』に、てんてんをつけたらなあに?」「ぶーぶー!ぶたになりました」
「まくらに小さい『つ』をつけたらなあに?」「まっくらだね」
のような遊びです。

●うちでは使いませんでしたが、ひらがなの積み木や、ひらがなのマット(お風呂用マットもあり)、ひらがなパズルなども使えると思います。

例えば、うちの子がひらがなを勉強する頃にはまだ発売されていなかった商品ですが、BlockLabo ブロックラボ アンパンマンひらがなブロックは良いと思います。

うちでもブロックラボの他のシリーズのブロックは持っていて、アンパンマンがモチーフだし1歳児でもはめたりはずしたりしやすいので1歳代~2歳代前半でよく遊ばせていました。ブロックラボのブロックを試したい人は、「ベビーブック」「めばえ」という幼児雑誌やGENKIの紙のオムツ等にたまにおまけとしてついています。

●こどもちゃれんじのひらがな学習教材に「ひらがなタッチ」というものがあります。年少向けの教材です。
s-IMG_8358

●ここに書いているのは第一子の時の話です。第二子は同じ方法では興味を持ってくれなかったので、もっと別なやり方を試しました。

第二子に関する話は『第二子のひらがな教育苦戦中!新しく導入したひらがなおもちゃ』『1歳でもひらがなが身近になる教え方とは?』などに書いています。

PAGE TOP ↑