寝ない子をなんとか寝かしつける方法

2017年7月25日

我が家の試してきた寝かしつけ方法

うちの子は、赤ちゃんの頃から本当に寝ない子です。2歳代は寝かしつけに2時間かかることもありました。そこで、これまでに以下のようなことを試してきました。

・生活リズムを整えるため、午前中たくさん日光を浴びて運動させるようにする

・眠たがっていても、毎日同じ(早い)時間に起こす

・お風呂とご飯の順番を入れ替えてみる

a0001_017093

・「絵本を読む」「音楽を聴く」など寝る前の習慣を作ってみる

・「背中をトントンする、さする、掻く」「額からまぶたをなでる」等、眠りにつながるスキンシップを開発する 
※私は小さい頃、くすぐられると眠っていたそうで、眠くなると母に「くすぐって」と言っていたそうです。

・寝室にラベンダーのアロマをたいてみる

・寝る前にホットミルクを飲ませてみる

・親が先に寝たふりをする

・パパやおばあちゃんに寝かしつけを代わってもらう

しかし、上記のどれもいまいち効果がありませんでした。

子どもには「寝るのがものすごく嫌い」な子がまれに存在するらしく、うちの子はそのタイプなのではと思っています。

ちなみに、あかちゃんでも、「ねんね」のベビーサインだけ、かたくなに覚えようとしない子がいるそうです。
※ベビーサイン=赤ちゃん向けの手話のようなもの

結局うちの子は3歳を過ぎて幼稚園に行くようになってから、なんとか寝かしつけ始めから30分以内に眠るようになりました。

魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』の感想

先日、寝かしつけに効果のあるという本おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
が話題になっていると聞き、早速購入してみました。子どもを眠らせる心理学的効果が実証済みの絵本なんだそうです。

実際にはどんな本なの?

ウサギの子どもがなかなか眠れなくて、眠りのためのヒントを求めていろんな動物に話を聞くという内容です。挿絵はあまり可愛くありません。

著者はスウェーデンの学者さんで、この本には心理学と行動科学の知識が生かされているそうです。

幼児に読み聞かせるにはちょっと単調で長めの本です。眠らせるための表現が重視されているので、ちょっと日本語として表現がおかしな部分があります。

IMG_7300

文中に「うさぎのロジャーはちょうどきみと同い年。年上でもなく、年下でもなく、ちょうど〇〇ちゃんと同い年です。」という表現がありますが、これらの表現はあえて冗長さを増して、大人が難解な書籍を読んだ時のように、眠くさせる効果を狙っているのだと思います。

もっと直接的に、催眠的な文言「体ぜんぶをおもくしちゃいましょう。おもくておもくて、地面に体が落ちてしまいそう。落ちていく、落ちていく、落ちていく。」などもあります。

また、話題がずっと眠りに関することなので、読み聞かせられていると寝ることが頭から離れなくなります。

効果はあるの?

上記のようにいろんな仕掛けがちりばめられているこの本には確かに多少の効果があると思いますが、うちの子には正直、「魔法」というほどの効果はありませんでした。

うちの子は普通の絵本を読んで寝かしつけても30分以内には寝るのですが、この絵本を使っても20~30分寝かしつけにかかっています。子どもによっては10分以内に寝るような子もいるそうなんですが。

うちの子は元々寝るのが嫌いな子だし、暗示にかかりにくいタイプなのかもしれません。

母親である私も出産の際にソフロロジー(人によっては痛みをかなり軽減できるリラックス法)を試したのですが、全然ダメだったので、親子で暗示にかかりにくい頑固なタイプなのかもしれません(笑)

でもこういったジャンルの絵本は今までなかったので、お子さんの寝かしつけで悩んでいる方は試してみてもいいと思います。値段も1400円とそう高くないですし。

ただ、この絵本は言葉の意味を理解して初めて効果が出ると思うので、1~2歳代のお子さんだとあまり効果がないかもしれません。

おやすみ、ロジャーを読み聞かせる時の注意点

・文中には、言葉を強調して読む太字の部分と、ゆっくり静かな声で読む色文字の部分、【あくびする】など動作の指示があるので、それに従ってください。
【なまえ】にはお子さんの名前を入れて読みます。

・主人公の名前ロジャーは、ロー・ジャーとあくびを2回しながら読んでもいいそうですが、私は大変なのでやっていません。

・この絵本は子どもだけでなく大人も眠くさせます。(傍で聞いている大人も、読んでいる本人も)今この文章を書いている私も読み聞かせた後なので眠いです。この文章が下手なのは多分そのせいです(笑)

絵本の方にも、運転している人の隣では絶対に音読しないようにとの注意書きがあります。

・子どもには普通の絵本を読み聞かせる時のように挿絵を見せるのではなく、横になって話だけを聞かせる方が効果的なようです。

・文章を読まないといけないので部屋の明かりはある程度必要ですが、できるだけ部屋は暗くした方が効果が出ると思います。

追記

・朗読CDも発売になりました。親が読む必要がないので楽でいいですね。

おやすみ、ロジャー 朗読CDブック ([CD+テキスト])

・第2弾『おやすみ、エレン 魔法のぐっすり絵本』が発売されました。

ロジャーよりも絵が可愛いと人気になっているようです。