赤ちゃんのお世話を楽にするコツ

2017年7月25日

私は「何でも手を抜けるところは抜く」主義です。赤ちゃんのお世話もそうです。産後直後は睡眠不足の中、赤ちゃんのお世話をするので本当に大変ですよね。

しかも一人目育児の場合、慣れていなくて効率が悪いので、省ける手間はできるだけ省いた方がいいと思います。
二人目育児の場合も、赤ちゃんにかける手間をできるだけ減らして、上のお子さんをかまってあげたいですよね。

今回は私がやってきた、赤ちゃんのお世話を楽にする手抜きテクをご紹介します。
知らないと損する!?育児グッズ12選』の記事も似た趣旨なので、良かったらあわせてお読みください。

赤ちゃんのお世話を楽にする手抜きテクの具体例

●赤ちゃんが長時間泣きやまないと困りますよね。泣きやませる方法として有名なものに、「耳元でシーと言い続ける」「テレビのノイズ画面のザーという音を聴かせる」「レジ袋のカシャカシャという音を聴かせる」があります。

●赤ちゃんが泣きやむ動画としては「タケモトピアノのCM」が有名ですが、「ムーニーちゃんのおまじない」「ふかふかかふかのうた」というのもおすすめです。

●うちの子には全く効果がありませんでしたが、ティッシュで顔をなでると寝る赤ちゃんもいるそうです。

その子によって、月齢によって効果のあるものは違うので、いろいろ試してみてください。

●新生児の肌着のひもを結ぶのって面倒ですよね。うちは短肌着のほとんどを、マジックテープタイプのコンビミニのワンタッチ肌着にしました。
白が一般的ですが、柄のあるものだと真夏にそれだけ着せてても様になるので重宝します。

IMG_3406

●赤ちゃんが泣いている時に粉ミルクを作るのって焦りますよね。うちは、スティック1本で100mlの粉ミルクが作れる森永E赤ちゃん スティックタイプ 13g×10本や40mlのキューブ型粉ミルク明治 ほほえみ らくらくキューブ 27g×16袋入り
を使って、赤ちゃんを待たせる時間と自分の手間を減らしていました。

粉ミルクのメーカーにこだわりがなければ、ちょうど100mlを飲む時期は森永のスティックタイプで、それより少なかったり多かったりする時期は明治のキューブタイプで調整するのがいいと思います。スティックやキューブだと缶に入っている粉ミルクよりも開封後長期保存が可能なところもポイントです。

●哺乳瓶の消毒は、量が少ないなら電子レンジ消毒が便利です。ただし、電子レンジ消毒はケースが小さいので、量が多いならまとめてMilton CP チャイルドプルーフ 60錠が楽です。

うちは搾乳機を使っていたので、洗う量が多くミルトンで消毒していました。ミルトンはミルトン 専用容器を使うと目盛や専用トングがついていて便利です。

ミルトンは水ですすぐ必要はないそうですが、匂いが気になるので、うちでは熱湯で軽く流していました。

●赤ちゃんが寝なくて悩んでいる人は、赤ちゃんの手足をきつく巻いた布で固定する方法を試してみてもいいかもしれません。お腹にいた時と似た状態になるので、赤ちゃんが安心するそうです。
日本では「おひなまき」と呼ばれます。バスタオルでもできるのですが、私はアメリカ製の専用商品「スワドルミー」を使っていました。

日本育児 スワドル ミー S フラワー&バタフライ 【正規輸入品】

●赤ちゃんの敷き布団セットは、普通、「防水シーツ」と「敷きパッド」が別々になっていますが、うちはそれが一体化された商品を使っていました。つまり、キルトパッドの裏側が防水加工されている商品です。これだと洗う時も、再びセットする時も楽です。

タックコーポレーション 防水汗取りキルトパット 四隅ゴム付き 70×120cm 1584A (クリーム)

●頻繁にミルクの吐き戻しをする赤ちゃんは、顔の下にタオルを敷いてあげてください。赤ちゃん向けロングピローも同じ役割をします。吐き戻されてもそれを交換するだけで済みます。

●赤ちゃんの入浴の際に石鹸を使って洗い流すのが面倒な時は、洗い流し不要の沐浴剤スキナベーブ 500mL (医薬部外品)を使うといいです。

ただし沐浴剤だけでは汚れがちゃんと取れないかもしれないので、毎回でなくたまにの方がいいです。
うちは赤ちゃんの沐浴はパパが担当でしたが、不在で私がやらないといけない時はスキナベーブにしていました。

●石鹸を使う場合に一番楽な沐浴方法は、お風呂の外でバスタオルなどの上で石鹸をつけてしまうことです。ベビーバスの中ではその石鹸を洗い流すだけにすると、非力な方でも疲れずに沐浴させられます。

●おしゃぶりを使わない人もいますが、うちは便利なのでどんどん使っていました。
「歯並びに影響する」「言葉の発達が遅れる」などと言われることもありますが、月齢が進んでも使っているとそうなるわけで、小さいうちに使う分には問題ないそうです。うちは4カ月くらいでやめました。

●赤ちゃんの衣類などを洗う洗剤は、柔軟剤のいらないタイプ(arau.(アラウベビー) ベビー洗濯用せっけん 本体 800mlという商品)を使っています。

ハーブの香りが嫌いでなければ試してみてください。香りが残らない方が良ければ、ピジョン ベビーランドリー ピュア 本体 900mlという商品をおすすめします。

●赤ちゃんに使うガーゼは、大量に用意するので最初に洗ったり水通ししたりするのが面倒ですよね。
うちは袋から出してそのまま使えるものを愛用しています。うちが買っているのは赤ちゃん本舗で売っているものです。

IMG_2894

●上記のガーゼと同じで、タオルやベビー布団も最初にカバーを洗ったり干したりせずに使えるものを購入しました。

IMG_7681

IMG_2900

うちが買ったベビー布団は楽天市場で売っているオーガニックコットンの布団で、ベビー布団セット オーガニックダブルガーゼ 日本製着後レビューでロングピロープレゼントオー…という商品です。

ちょっと掛け布団がよれやすいのですが、掛け布団が2枚合わせるタイプになっていて季節によって調節できるなど便利な商品です。

●授乳を楽にするには授乳服を買った方がいいかもしれません。普通の服もまくって授乳できますが、授乳服はまくった服をおさえている必要がないので便利です。

ゆったりしたシルエットのマタニティ兼用のタイプと、産後専用のタイプがあります。また、胸の出し方も2種類あって、胸のところがジッパーやスナップなどで開く「授乳口付き」タイプと、布をめくるレイヤータイプがあります。授乳口タイプの方が授乳しやすいですが、レイヤータイプなら外でも胸を隠しながら授乳できるメリットがあります。

●完全母乳でも、搾乳して冷蔵か冷凍保存しておくことで他の人に授乳を代わってもらうことができます。
そうやって保存したおっぱいを利用して深夜の授乳を1回分代わってもらったり、美容院などにお出かけするといいと思います。

そのためには搾乳機と母乳冷凍バッグを用意してください。おすすめの商品はピジョン さく乳器 手動カネソン 母乳バッグ 100ml 50枚入です。

●抱っこひもでお出かけした際、トイレに行く度下ろすのは面倒ですよね。私は抱っこひものまま済ませていました。ズボンのボタンが少し留めにくいですが、慣れれば問題ないです。

●離乳食作りは面倒ですよね。うちは生協(コープデリ)の赤ちゃん向け食材を活用しています。
野菜の粉末などが便利です。大人向けの物でも、国産野菜の冷凍食品やささみの缶詰などは離乳食に便利です。
離乳食に市販品を利用するのは罪悪感があるかもしれませんが、冷凍食品や缶詰などは無添加・添加物が少ない物が多く、安心して使えます。

●離乳食として、そのまま食べられる食品を活用すると楽になります。

例えばヨーグルトやバナナです。他にも、干し芋は手掴み食べの練習にもいいですよ。

●赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時や外出時は、歯磨きティッシュが便利です。うちが使っていた商品は、個包装になっているピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ 42包入です。

キシリトール配合でおいしいらしく、このティッシュで歯を拭いているとちゅーちゅー吸われることもありました(笑)